いったん。

1359085687809 どうして2月だけ日数が少ないことを世界は許しているのだろうか。

 キリスト教的な何かと関わりがあるのだろうか。

 かつては3月が一年のはじまりだったと聞いたことがある。

 これで、2275件、6年超つづけた連日更新はいったん切ります。

 このあとは、ツイッターとフェイスブックに軸足を移してゆこうと思います。

 探してください。

 写真は、〈栄寿司〉のランチの一品。あんきも、ですね。

| | コメント (1)

さば棒。

Dsc_1611  このブログ、2月いっぱいで、不定期更新に切り替えることにする。

 歌集の感想などは、現在担当している、角川「短歌」とNHK短歌の時評のためにとっておくことにしている。

(過去にも「歌壇」「短歌研究」「短歌」「コスモス」で時評を書いていたときにそうしていた。)

 だから、(お察しのとおり)食べ物話題の比重が急増してしまった。

 それに、フェイスブックやツイッターでも写真は載せられる。

 その方が、どなたがご覧になっているのかよくわかるという利点もある。

 そこから双方向のコメント交換がしやすいこともある。

 写真は、落合の〈がってん寿司〉にて。

 ここ、鯖棒寿司があって、おみやげにもできる。好物なのでもちろん注文。 

| | コメント (1)

乾かす。

Dsc_1555 写真は、中野〈コパン〉にて。

 スモークサーモンとブロッコリーのピザ・ビアンカ。

 トマトソースやバジルソースの代わりに、ニンニクが強めに入っている。

 だからおいしい。

 某所で、冷蔵庫に一升瓶を入れているのか聞かれた。

 入らないこともないけれど、邪魔になる。小分けにしている。

 酒屋のご主人によると、保存容器に水が残っていると腐るのが早いそうだ。

 ペットボトルや100円ショップで売っているガラス瓶などをよく乾かしておいて、そこに入れておく。

 もちろん、一升瓶は飲み終わるまで鑑賞用にとっておく。

| | コメント (0)

ロイスダール。

Dsc_1660  写真は、近くのパン屋〈ロイスダール〉の2階にあるレストラン(もちろんロイスダール)にて。

 ビーフシチュー、がいつもうまい(安くないけど)。

 それはそうと、きのうが「棧橋」113号の批評会。

 巻頭には、96首を載せていただいた。

 先日の「歌壇」のパーティーで、「未来」や「かりん」の信頼する先輩歌人に、96首なんて載せてもらえる場があることの貴重さを思いなさいと言われて、あらためてこういう場を作ってもらったことに感謝する次第。

 ツイッターやフェイスブックで残部の希望をたずねたところ、特別にもらっていた20冊がなくなった。ありがたいことだ。

| | コメント (0)

たちうお。

Dsc_1597  わやわやと過ぎてゆく毎日。

 写真は、新宿三丁目にて。(店名は忘却。)

 お刺身に名札を付けちゃうというのは新しい。

 それも、ルビ付きというのがいい。

 ルビは日本語文化の中でも、かなり重要な役割を果たしている。

 他の言語で、ルビを振るものはあるのかなあ。

 この時は、定例の読書会に「コスモス」の狩野一男さんをお呼びし、『悲しい滝』のミニ批評会とお祝いの会をやったのでした。

 少数の仲間同士の率直で温かい、とてもいい時間でした。

 狩野さん、ありがとうございました。

| | コメント (0)

白鹿。

Dsc_1613 おととい、「歌壇賞」(&「俳壇賞」)の授賞式に出席。

 服部真里子さんが今回の受賞者。

 昨年から、新人賞を獲りたいと聞いていたし、獲ると公言もしていたそうだ。

 とにかくおめでとうございます。積極的に賞に値する30首であったし、値する歌人であると思っています。

 短歌研究新人賞との同時受賞の可能性もあったかという話にもなった。

 時期的に、角川短歌賞とのダブル受賞ならありえたらしい。

 もちろん、一首とも重複していたらいけないのである。

 服部さんの場合、短歌研究新人賞30首とももちろん重複なし。

 写真は、鏡割りで使われた〈白鹿〉。あまくておいしかった。(樽からじかに汲むと格別です。) 

 自分がつくづく日本人だなあと思った。

| | コメント (1)

酔鯨。

Dsc_1347  とてもいいネーミングのお酒。

 会社のホームページを見る。

 土佐藩主山内容堂がみずから「鯨海酔候」と名乗ったことに因むと書いてある。

「食中酒」という考えからすると、とてもいい。

 ただし、寝しなに炙った烏賊を肴に飲むものとしてはやや物足りないかもしれない。

 「海量(ハイリヤン)」という銘柄は無いかと検索してみる。

 無いようだ。

 そりゃそうだよな、「日本」酒ですから。

 もちろん、大口玲子さんの第一歌集のタイトル。

 中国語で「大酒飲み」の意味である。

| | コメント (2)

赤兎馬(紫)。

Dsc_1557 紫の赤兎馬。

 黄金千貫とともに、紫芋も使用しているそうだ。

 両者の割合は不明。

 ふつうの赤兎馬よりもまろやかな印象。

 授業では、中2の教科書に入っている。

 たまには愚痴る。

 明日から中2の教科書を使うからね、と言っておいても持ってこない生徒がいる。

 あるいはロッカーに入れっぱなしという生徒もいる。

 そういう生徒と成績のよろしくない生徒は相関している。

 教員の指示を聞き流しているのだ。

 メモ帳や手帳(あるいは手)に書きなさいとしつこく指示しているのに、がんこに従わない。

 それだけ授業を大切に思っていないことの証左なので、自業自得だとは思うけれど、本人は試験勉強は試験直前のがんばりにかかっていると信じているようだ。

 授業での学習効果を説いても、やはり届かないのである。

 そういう生徒がじわじわと私のストレスを積み重ねるから、紫の赤兎馬が必要になるのかもしれない。

| | コメント (2)

スクールナイト。

Dsc_1540_3

 「はじめて iPhone を持つ13歳の息子へ スマフォ18の約束」

が、すこし以前に話題になった。

(和訳は以下のリンクなどへ。)

 その中に、スクールナイト (school night) というフレーズが登場する。

(4) Hand the phone to one of your parents promptly at 7:30pm every school night & every weekend night at 9:00pm.

  It will be shut off for the night and turned on again at 7:30am.

 日本語では、

 「(4)学校がある日の前の晩は7時半に週末は9時になったらすぐに父か母に電話を渡しなさい。 夜は電源を切って朝7時半に入れ直します。」

という部分。

 「学校のある前日の夜」を英語ではスクールナイトと簡潔に言う。

 もちろん、『スクールナイト』は私の第二歌集のタイトル。

 あまり目にしないフレーズだから、ちょっとうれしかった。(ちょっと宣伝。残部あります。)

 写真は、池袋東武百貨店内〈華湘〉にて。杏仁豆腐に柿が載っていた。

http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/tokyodokujo/2013/01/iphone1318.html

| | コメント (0)

MLK。

Dsc_1317 (きのうのつづき。)

 著名な人が亡くなったとき、忌日を記念する習慣は世界的なものだろうか。

 と(居酒屋での会話風に考える。)

 アメリカには、マルチン・ルーサー・キング・ジュニア・デイがある。

 MLK師の誕生日(1月15日)の近くの月曜日が休日。

私が入籍した日と吉川宏志さんのお誕生日が同じ1月15日でもある。)

 日本の感覚でいうと、著名人のばあい、死を迎えた日の方が誕生日よりも大事にされるようだ。

 「白秋祭」は、亡くなった11月2日に近い11月3日に行われる。その他「文学忌」と呼ばれるものは多くある。

 と、(居酒屋の会話風にとりとめなく。)

 写真は、祖父の法事のあとにいただいたもの。

 〈魚邦〉にて。

 宴席の締めでこんなお寿司が出てくるとほっとするし、おいしかったです。

 おじいちゃんの誕生日は知らないなあ、忌日(12月8日)(ですよね?)は覚えているけれど。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧