« 牡蠣とベーコン。 | トップページ | 深夜。 »

ワンダフルトゥナイト。

Dsc_1184 中1の授業で、エリック・クラプトン先生を紹介。

 Wonderful Tonight.

  同居している男女の愛の話。

 夜になってふたりでパーティーに出かける。

 彼女は服を選び化粧をする。そして、きょうはワンダフルに見える? と彼に訊く。

 もちろん、ワンダフルだよ、と男は答える。

 ふたりでパーティーに行くと、みな美しい彼女を振り向いて見る。

 気分はワンダフル?と彼女が尋ねる。

 男は答える。俺はワンダフルな気分だよ。君の眼に愛の光が見えるから。だけど、一番不思議なのは、君が、僕がどれほど君を愛しているか、を気づいていないことなんだ。

 家に戻って灯りを消しながら、今日の君はワンダフルだったよ、と彼女に告げる。

 (なーに言ってんだか?と思いますよね?)

 中学1年生が歌詞の良さをわかってくれるとは思わないけど、それはそれ。

 写真は、大塚〈炭旬〉にて。

 どれもプリプリして、生きの良い焼き鳥という感じ。

|

« 牡蠣とベーコン。 | トップページ | 深夜。 »

コメント

そうかもしれませんねえ。
かえって、I want you. I need you. I love you. の方が抽象的かもしれないです。
来週は、イエスタデイにします。不規則動詞の過去形が出て来たので。

投稿: おおまつ。 | 2012年11月21日 (水) 23時26分

 日本人(まあ私も旧世代なんだと思いますが)としては、Wonderful Tonightの歌詞は少しばかりこっぱずかしい。同じ様に思っている生徒も少なくないんじゃないかな。
 それでは。

投稿: 雨宮 司 | 2012年11月21日 (水) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 牡蠣とベーコン。 | トップページ | 深夜。 »