« 水切り。 | トップページ | 木下龍也さん。 »

マカロン。

Dsc_1113 全国短歌大会つづき。

 私が上位に選んだ3首は、

(選者賞)

缶コーラ置き忘れてる自由席だれかが脱皮し終えたように  穴井洋江さん

(佳作第1席)

母なる河を裂きつつ進みゆくボォト嘆きならねど小さく軋めり  久間恵美さん

(佳作第二席)

脳内を走り抜けてくマカロンに恋と名付けて追いかけてみる  大橋謙次さん

どれも比喩の歌になった。

 膨大な作品の中から無記名で歌を選ぶと、こういう作品が目に止まる。

 作者名とそれまでの作者の人生の歩みを知って深く読むのも短歌の楽しみ。一方、こうして無記名でもそこから作者像を作りだしてゆく(想像してゆく)のも楽しみのひとつ。

 写真は、中野〈バール コングレッソ〉にて。

 ハムとチーズのパニーニ。やや盛りが少ないけれど、眺めがよかったからいいかな。

|

« 水切り。 | トップページ | 木下龍也さん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水切り。 | トップページ | 木下龍也さん。 »