« エンディングノート。 | トップページ | マカロン。 »

水切り。

Dsc_1104 先週土曜日の全国短歌大会。

 15人の選者の一人として、選歌、選考会議、当日の大会、の3つ(別の日)に出席。

 これでひとセットの仕事。

 今回、穂村弘さんが佳作に選んだ作品の中に、

・水切りをするとき不思議もう君はこの世にいないほんとに不思議

があった。

 穂村さんは、水切りって、平たい石を水面に投げる遊びかなあと言っていた。

 私もその解釈に賛成。

 ただ、キッチンでのお皿の水切りも、切り花の茎を水中で切る水切りも、解釈としては可能。

 穂村さんは、生活の縁(へり)と言っていたか、深刻なことから遠い方の、と言っていたか覚えていない。

 けれど、そういう不即不離の言葉をさがす嗅覚のようなものが、秀歌には効いているのだと思う。

 写真は、「コスモス」の編集室でいただいたいちじく。見た目も味もすばらしかった。

|

« エンディングノート。 | トップページ | マカロン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エンディングノート。 | トップページ | マカロン。 »