« ワイルド。 | トップページ | 奔りゆかんか。 »

『湖をさがす』。

Dsc_0831 永田淳『湖をさがす』から何首か。

・石蕗の咲きいる門(かど)に車寄せレンタルビデオを返してきたり

・極月の北より昇る月を見きかの日々母に癌のあらずや

・ゴミ箱を膝に挟みて鉛筆を削りたり母の遺稿を置きて

・大きなる嚏をひとつせしゆえに春の夜取舵とりいるところ

・クロネコのドライバーみずしまかずまさはいかなる字ならん朝ごとに見る

まずは5月半ばの分まで。

 母である河野裕子さんが亡くなったのが2010年8月。

 その翌年であるから、折に触れて思い出す歌が多い。しかし、こちらがどう読むのかとはらはらしているのに反して、構えずにあっさりとそして堂々と詠んでいるという印象。

 さすが、男前の淳さんである。

 取舵の歌もうまい。

 写真は、〈すき家〉の「花がつオクラ牛丼」。

 オクラ好きの私にとってうれしく、鰹節の味も効いている一品。

|

« ワイルド。 | トップページ | 奔りゆかんか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワイルド。 | トップページ | 奔りゆかんか。 »