« 山手線の乗客。 | トップページ | ワイルド。 »

複数形に。

Dsc_0783  「短歌人」9月号をいただく。

 宇田川寛之さんの歌に、

・フリーゆゑ休まず働く我々と複数形に言ひ落ち着きぬ

を見つける。

 宇田川さんは、六花書林の社主。

 「フリー」という語は、語感はいいけれど、実際はサラリーマンよりもずっとキツイはずである。 

 ヤスマズ・ハタラクのばたばたしたリズムが忙しさを伝えているように読める。

 「複数形に」の「に」がやや古いかもしれない。

 もちろん中心は、「我」と言って心細いところを、「我々」と言って落ち着くとした心境である。

 この世の中の見ず知らずの人を含めて、数多くの「フリー」の人たち。彼らを思い浮かべることで、心強く思う心境である。

 作者の現実の人間像が出ていて、とてもいい歌だと思った。

 写真は、紀尾井町オーバカナルにて。

 レモンのタルト。

|

« 山手線の乗客。 | トップページ | ワイルド。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山手線の乗客。 | トップページ | ワイルド。 »