« 4位。 | トップページ | 才能は貧しい。 »

生誕百年。

Dsc_1005

 角川「短歌」10月号。

 特集の一つが「生誕百年 宮柊二の歌世界」。

 全歌集レヴュー&今こそ響く秀歌百首選

とサブタイトルがある。

 (もちろん、「コスモス」でも100人以上が執筆する大特集を組んだばかり。)

 柊二は1986年没。

 今年の12月で没後26年だ。

 それなのに、いまだに27ページの特集を組んでもらえるのは、いまふたたび柊二の歌が必要とされているということなのだろう。

 全歌集レヴューは、6名の方が著名な歌を中心に宮柊二の魅力の王道を伝えている。

 総合誌であるし、宮柊二を読んだことのない人が多いだろうから、そういう教科書的な記述がじゅうぶん意味があるのだ。

 写真は〈ガスト〉中野江古田店にて。

 濃厚ポルチーニソースのハンバーグ。それなりにけっこううまい。

|

« 4位。 | トップページ | 才能は貧しい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4位。 | トップページ | 才能は貧しい。 »