« トェルビ。 | トップページ | イートイン。 »

夫と違ふ。

Dsc_0745 「棧橋」111号の柴田佳美さんの作品に、

・ヤマト便佐川急便 夫と違ふ逞しき腕われに差し出す

があった。ストレートでいい歌。

 これで思い出したのが、「佐川萌え」という言葉。

 歌のとおりで、説明は不要ですね。

 同名の本もあるらしいし、「佐川男子」というタイトルの写真集もあるらしい。

 柴田さんのお話だと、宅配のミネラルウォーター30リットルを軽々とかかえてくるドライバーさんがいるそうだ。

 佐川急便の人はたしかに、いつも走っている印象もある。

 写真は、神戸屋のパン。夏野菜を乗せたピザ風のものと、キタアカリがごろりと入っているもの。こういうのが好き。

 東京メトロ東西線、高田馬場駅にてイートイン。いわゆるエキチカですね。エチカかな。

|

« トェルビ。 | トップページ | イートイン。 »

コメント

ありがとうございます。

佐川男子、見ました。(本は買っていないです!)
同じようにときめいている人の多いことに驚きました。握手会まで予定されているそうですね。

佐川男子のような人がパパだったら、
「さあ公園に行こう」と軽々と子を抱いてゆき、元気に運動遊びをしてくれそう。そして木陰で見守る私は幸せ、などと妄想してしまいます。

111号批評会では濃いアドバイスをありがとうございました。お言葉を、大切にしまって取出して、畳んでしまっています。
毎日の歯磨きの仕方を工夫するように(ゆかり先生の忘れられないお話し)、歌に良い個性が出せるようになりたいです。

投稿: 柴田佳美 | 2012年8月26日 (日) 02時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トェルビ。 | トップページ | イートイン。 »