« 自分以外の刺。 | トップページ | 瞳をあけて。 »

アルザス。

Ca3g2310

 きのうにつづき、西落合の〈エシャロット〉のもの。(←)

 定冠詞をつけて「レシャロット」と呼ぶべきなのか。(お皿右端のように。)

 メインの

豚スペアリブとサワークラウトの煮込み アルザス風」

という。

  「アルザス」地域は、ドイツ領になったり、フランス領になったりしているところだな、

 というのは高校世界史の知識。

 今はフランス領らしいが、ややこしい言語状態でもあるようだ。

 食べればわかるが、まさにドイツ風である。

 ザウワークラウトがついていることからも明らか。

 でも、メニューでは、(たぶんフランス語で)サワークラウト、と言っている。このあたりが、フランス料理店の矜持かな。 

|

« 自分以外の刺。 | トップページ | 瞳をあけて。 »

コメント

びぶらふらーんす、ってやつですね。

投稿: おおまつ。 | 2011年9月 6日 (火) 13時27分

アルザスは、教科書に載っていた、ドーデの「最後の授業」で覚えた地名。今は、この作品は政治的という理由で採用されていないらしいですね。

投稿: morijiri | 2011年9月 6日 (火) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分以外の刺。 | トップページ | 瞳をあけて。 »