« 『蝶』つづき。 | トップページ | 『忘れずあらむ』。 »

カイジ。

Ca3g2186  先日のバレーボール部合宿で見つけたもの(←)。

 青木ヶ原樹海を開拓してできた精進湖民宿村。

 グーグルの航空写真で見ても、みごとな四角形になっている。

(「ナニコレ珍百景」で「樹海の中の村」として紹介されたという。)

 宿で、ぐうぜんに、『カイジ』という漫画を発見。

 6巻までつづけて読んでしまった。

(甲斐路とは無関係。山梨県だったけど。)

 究極的な状況に貶められた主人公がアタマを使って生き延びるストーリー。箴言に満ちている。

 映画化もされた名作だったのだ。

 でも、どうしてそんなに賢くて機転のきく若者が、ストーリー開始前にはプータロー的な生活を送っていたのか。やや強引である。

 もっと漫画を読まねばならないと思ったしだい。

|

« 『蝶』つづき。 | トップページ | 『忘れずあらむ』。 »

コメント

へんな高校生の人が来てますとか。

それと、この村、夜9時に大音量でチャイムが鳴るんですよ。なんでだろうか。

投稿: おおまつ。 | 2011年8月13日 (土) 10時50分

不審者、一斉放送されちゃうわけですね。
凄いなあ。
放送を聞く、住民もドキドキですな。
不審者の人、とか言っちゃって(笑)。

投稿: わたな。 | 2011年8月12日 (金) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『蝶』つづき。 | トップページ | 『忘れずあらむ』。 »