« 『忘れずあらむ』。 | トップページ | 展望57。 »

古代パン。

Ca3g2015 実家の近くで見つけた「古代パン」(→)。

 イースト菌や天然酵母菌が無使用だそうだ。

 つまり、小麦粉と塩と水だけで作られているということ。

 その割には柔らかくて、食べにくくはない。

 もらったプリントに、

パンの誕生は、紀元前6000年ころのイランで、

当時、石でつぶした小麦と水を煮て、おかゆのようなものを食べていて、

あるとき、偶然に太陽光で熱くなった石の上に落ちたおかゆが、煎餅のようにパリッと焼きあがった

ときだった、と書いてある。

 パン屋さんがそうおっしゃるのだから、そうなのだろう。

 お店の正確な住所は、豊島区巣鴨。「個性パン創造・アルル」。がんばっていただきたいお店だ。

|

« 『忘れずあらむ』。 | トップページ | 展望57。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『忘れずあらむ』。 | トップページ | 展望57。 »