« コテ丸。 | トップページ | ちばりよ~。 »

アナゴ。

Ca3g1982  おなじみ〈栄寿司〉のアナゴ。

 年齢不詳のマスターがいて、弟子の50歳くらいのヒデキさんがいる。

 マスターの作業は、豪快で素早い。

 ヒデキさんは、繊細で丁寧。

 まあ、仕込みが同じなのだから、味に大差はない。

 これは、ヒデキさんの仕上げ。

 いちど煮たモノを軽く炙ってもらった。

 煮穴子は、マスターの手にかかると、鍋の木蓋を逆さにしてバシバシと切られて、原型を留めなくなってしまう(ことがある)。

 それはそれでいいのだが。

 こんなに性格の違う二人が厨房にいるのがおもしろい。

 というか、性格が違うからこそ続けられるのかもしれない。

|

« コテ丸。 | トップページ | ちばりよ~。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コテ丸。 | トップページ | ちばりよ~。 »