« クレー展。 | トップページ | LOCC。 »

日本の餃子。

Ca3g1932  ←新大久保〈一六八〉の餃子。

 震災のあと、中国人シェフのひとりが抜けて(逃げて?)、少し料理が変わった。

 中でも餃子が改良された。

 中国人はおそらく、現地では焼き餃子は作らないだろう。

 それを見よう見まねで作っていたのがこれまでの餃子。

 悪くなかったけれど、どこかぎこちない味であった。

 それが今回、(羽の有無はどうでもいいけど)味が向上。甘みが増したというか。

 同僚のセリフを借りれば、「日本の餃子になった」のかもしれない。

 焼き餃子は、中国で兵隊だった人たちが宇都宮の兵舎にもどって広めたと聞いたことがある。

 中国人料理人はホンネのところ、焼き餃子をどう思っているのだろうかなあ。

|

« クレー展。 | トップページ | LOCC。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クレー展。 | トップページ | LOCC。 »