« カメムシ。 | トップページ | 『たんぽるぽる』。 »

フェィ麺。

Ca3g1871  某日、いつもの新大久保〈一六八〉へ。

 新メニュー〈フイ麺・限定15食・午後1時より〉の表示あり。

 時間前ですけど、いいですよと言われる

 フェィは、「火偏に会」。

 桧や絵のイメージ。日本語には無い。

 中国語では、「会」は、~できるの意味で、hui とルビを振られるが、実際には huei のように、少し e を入れて発音する(と習ったことがある)。

 震災で中国人シェフが去ったこの店。その代わりの人が、このフェィ麺を作れるらしい。

 シェフを中心にメニューを改訂したこの店はえらい。

 看板の刀削麺は残しながら、河南省名物も始めたということだ。

 ただし、この写真からは不明。上に乗っるのは豆腐の細切り。

 こういう写真を拝借させていただく。同じ日に食されたらしい。

|

« カメムシ。 | トップページ | 『たんぽるぽる』。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カメムシ。 | トップページ | 『たんぽるぽる』。 »