« ブローネル。 | トップページ | いまさら『地球光』その1。 »

あらばしり。

Ca3g1732_2  大塚の「きたやま」再訪。

 1階のカウンターは満席。2階へ。

 コートをかけるためのハコ型スペースがある。

 ただ、カウンター席では一升瓶を目の前にドーンと置いて見せてくれるのだが、2階の席ではそれがない。

 「手取川あらばしり」などをゆっくりと飲む。

 あらばしり、は久々湊盈子さんの歌集名だなと思いつつ。

 「かりん」の表紙は真田幸治さんの作品だと知る。今年の、大胆でポップで品のある絵もいいと思っていた。三色の馬が重なっているヤツ。

 真田さんは、六花書林刊行の本の装丁をすべて引き受けられている方。(『アスタリスク』でもお世話になりました。)

 写真は、「きたやま」の金目鯛の煮つけ。ゴボウもうまかった。和食の王道という感じ。

|

« ブローネル。 | トップページ | いまさら『地球光』その1。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブローネル。 | トップページ | いまさら『地球光』その1。 »