« あべかん。 | トップページ | 保険。 »

話のはなし。

Ca3g1597  同僚と食事に行くと、学校の話題が支配的になる。

 それはしかたない。

 同じ生徒を教えていれば、生徒の話になる。

 それはそれでいい。

 もっとも関心のあることだし、人間観察を持ち寄って意見を出し合うのは望むところ。

 (ただし、情報ばかりになるとむなしい。)

 教員についての話や人事の話は、つまらないことが多い。

 そういう話題をおもしろがっているようではダメだという抑制がどこかにある。

 いや、その場ではおもしろいのだが、あとになって無駄な時間だったと思い返すことが多いということか。

 ただ、有益な人事の話もある。きちんとした人間観察に基づいて、褒めるところは褒め、改善できるところはそうしようと言い合う。

 その点では、数日前に大塚で過ごした同僚との時間は楽しく深かったと思う。

 二人で話すのが、もっとも贅沢でもっとも有益な時間の使い方なのかもしれない。

 写真は新大久保〈麗郷〉のチンジャオロース。まさに台湾風。

|

« あべかん。 | トップページ | 保険。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あべかん。 | トップページ | 保険。 »