« 2時間20分。 | トップページ | ベッカフィーコ。 »

農家と漁師。

Ca3g1615  土曜日のつづき。

  卒業式の前後に、突発的な(というほどでもないけど)計算的ミスが連続して発覚。

  ちゃんとやってよねええ!頼むよー!と憤りつつ(年少の人のミスは許そう)、待てるところまで待つ。

 あとは火曜日に残して、「コスモス」編集会へ。大遅刻。

 被災地域の方々からのみは、詠草をファックスで受け付けている。

 15日発行の「コスモス」4月号が19日には、八戸に届いているという。

 事務室の尽力には頭が自然に下がる。

 歌を作る人には農家の方々が多く、漁師さん関係は少ない。これは「コスモス」に限らないだろう、という高N公彦さんの説。

 農家では、時田さんや石川さんをはじめ、著名な歌人はいる。でも、漁師はいない。

 今回の事態でも、海岸から比較的遠くにお住まいの方が、「コスモス」には多いようだ。ただ、陸前高田の数名の方とは連絡が取れていないと聞いた。

 阪神淡路大震災のときは、被災された方は3カ月の会費免除をした。今回はどうできるのか。時代も違うし、同列にはできないと思う。

 写真は、新大久保〈麗郷〉のマッシュルームと野菜の炒め物。ちゃんとマッシュルームが主張しているのがいい。

|

« 2時間20分。 | トップページ | ベッカフィーコ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2時間20分。 | トップページ | ベッカフィーコ。 »