« 「展望」54。 | トップページ | お好み焼き。 »

カタイ。

Ca3g1548_2 中学2年生にかんたんな英作文を書かせている。

 中1からやっているから、なかなか簡潔・的確に書ける生徒も多くなった。さすがに、KJ中生だと思う。

 が、いつまでもアタマがカタイ生徒もいる。

 たとえば、

I want to go to Kyoto because I want to see many temples.

のような、つまらない文を平気で書く。

 提出すればなんでもいいと思っているのだろう。(向上心がないのか、オトナをバカにしているのか?)

 (そうならないために、貴重な授業時間をとって推敲させて、3回も書き直させているのになあ。)

 これを、

I would like to visit Kyoto to see a lot of famous temples and shrines this year.

と書き直して示す。これくらいは書けるはず。

(肯定文のとき、単純に名詞を修飾する many はあまり使われない。でも、文科省検定済みの教科書には載っている、とかいうことは繰り返し言っている。)

 まあ、英語のモンダイというよりも、人間の力というか、表現欲の問題だろうとも思う。

 短歌を作るようになれば、推敲の大切さを思い知るだろうけどな。

 写真は、鮭とばを炙ったもの。「浦霞」に合う。

|

« 「展望」54。 | トップページ | お好み焼き。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「展望」54。 | トップページ | お好み焼き。 »