« カタール。 | トップページ | 見えます。 »

緊張感。

Ca3g1318_2  土曜日のこと。

 午後、中学3学年そろって〈英語検定〉を受験。

(朝、山手線が1時間も止まっていて、授業開始を30分繰り下げたのだった。)

 中2は3級。

  ほぼ全員(?)合格する予定。(2次試験もあるが。)

 ただし、受験前の緊張感がまったくなし。

 直前になっても、他の教科の宿題をやっていたり、おしゃべりしていたり。

 やはり、「ほぼ合格する」という状態がいけないのだろう。

 問題集を冬休みの宿題にしたり、1月の実力考査の試験範囲にしたりと甘やかしたのがいけなかったか。

 合格率が5割くらいであれば、緊張感があっていいのかもしれない。

 息子が団体受験で落ちて傷つくのを怖れて、事前に個人で受けさせる親御さんもいるという。そういうのはどうなんだろうかなあ。

 それはともかく、写真は、新大久保〈一六八〉のもの。シイタケとチンゲンサイ。しいたけとちんげんさい。椎茸と青梗菜。

|

« カタール。 | トップページ | 見えます。 »

コメント

うちだったら、中2の冬の団体で落ちたら次の回(中3の春)に個人でその級を受けさせて、冬までに追いつけと言うでしょうね、きっと。で、中学3年の団体受験の時は皆と同じ級を受けられるように。学校の雰囲気が違うから(こっちは全員受験はTOEIC Bridgeだし)、一概には言えないかもしれませんが。親御さんが、ここで遅れたら取り返しがつかないような恐怖感を持ってしまっているのでしょうか。地道にやって行けば十分取り返せますと言うようなメッセージをいただけると親は安心できるのですがねえ。英検は、個人でこつこつ受けさせていますが、英検は一度取ってしまえば生き続けるのに対してTOEICのスコアは賞味期限が短いのですよね。

投稿: morijiri | 2011年1月24日 (月) 13時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カタール。 | トップページ | 見えます。 »