« 産むという。144。 | トップページ | 七回忌。 »

オリキエッテ。

Ca3g1238_3   写真は、高田馬場〈文流(ぶんりゅう)のランチ。

 「ブロッコリと小海老の手打ちオリキエッテ(大盛り)」。

 オリキエッテとは、小さな耳とか耳朶とかいう意味らしい。

 芳林堂書店のあるビルの地下にある老舗。

 ケイタイの電波が入らないから、必要なときは有線電話を貸してくれる。

 むかし風の狭いレストランだけど(40人ほど入る)、ウエイター(この日は4人)がきびきびと動き、気持ちのいい店。

 お客さんも、編集者風、大学教授風の人など、落ち着いた感じの年齢層高めの人が多いようだ。

|

« 産むという。144。 | トップページ | 七回忌。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 産むという。144。 | トップページ | 七回忌。 »