« ま夜なかの。145。 | トップページ | もう充分に。146。 »

スモールワールド。

 パールハーバー・アタック69周年。

 授業で話題にすると、アメリカに攻撃するなんてありえなくねー、と生徒が言っていた。けれど、ありえたのだ。

 中学2年生には、〈NHK基礎英語2〉の聴講を義務付けている。

 ただし、どれくらいが真剣に聴いているかは不明。(毎週、内容に関するクイズ(小テスト)を実施しているけれど。)

Ca3g11860001 先日、“It's a small world!” というフレーズが出ていた。

 偶然に知人に出くわしたときや、共通の知人がいることがわかったりしたときに言うセリフ。「世間は狭いねえ。」に近い。

 こういうフレーズを蓄積していけば、英会話学校なんかに大金を払わなくてもちゃんとした英語(の知識)は習得できるはずのだ。

 ついでに、ディズニーの “It's a small world!” を歌わせる。

 「笑いの世界、涙の世界、希望の世界、恐怖の世界」「共有するものがたくさんあるのだから、そろそろ気づくべきじゃないかな、結局、世界は小さいって。」

 という意味の歌詞。演歌だなあ。

It's a world of laughter, a world of tear,

It's a world of hopes and a world of fears.

There's so much that we share that it's time to aware

It's a small world after all.

 この日本語版は、

「世界中どこだって、笑いあり、涙あり、みんなそれぞれ助け合う、小さな世界」「世界はせまい、世界はおなじ、世界はまるい、ただひとつ」

 「世界はおなじ」あたりに、日本人の世界観の甘さがあるかもしれない。

 写真は、先日行った、大塚〈きたやま〉のもの。微発泡でうまかった。

|

« ま夜なかの。145。 | トップページ | もう充分に。146。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ま夜なかの。145。 | トップページ | もう充分に。146。 »