« 風鈴の。78。 | トップページ | 『紅さし指』。 »

ただ若きのみ。

Ca3g0578  ある人のブログ(のようなもの)のプロフィールをふと見たら、

 若さとは勝ちて得しにあらずただ若きのみ

と書いてあった。ん。ん。

 これは、高野公彦の

・若者に我は言ひたり若さとは勝ちて得しに非ずただ若きのみ  『水行』

の下句ではないか。

 そうだった。

 その人とは、勤務校の卒業生。

 かつて、彼らに送る言葉を求められて、高野さんのこの歌を引用したことがあったのだ。

 それをK大学に(現役で)行った彼が覚えていてくれたのだ。

 その彼は、高2高3の担任の私の意見を入れてか入れないでか、早い時期から数学を受験科目から外して、成功した一人。

 高校生らしい(やんちゃな)高校生だったから、きっといい大人になると思う。

 ちなみに『水行』には、

・文月をブンゲツと読む若者の無知こそよけれその下剋上

・無知はこれ烈しき野生 若者よ古き知を撃て、古き者を倒せ

という歌もある。

 写真は、〈一六八〉冷やし担担麺

 坦坦麺という表記は間違い。担いで売りに来たのが最初らしく、手偏が正しいらしい。

|

« 風鈴の。78。 | トップページ | 『紅さし指』。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風鈴の。78。 | トップページ | 『紅さし指』。 »