« 絶間なく。82。 | トップページ | 耳掻きは。83。 »

私服。

Ca3g0602  先日の採点期間中。

 カジュアルな服装で出勤したら、生徒に「私服ですね?」と言われる。

 初めてではない使われ方。

 さいきんの生徒は、教員のワイシャツ(半袖を含め)/スーツ姿を「制服」と呼ぶ。

 ポロシャツや裾を出したりするシャツは「私服」という使い方をする。

 「コスモス」7月号の中山真彩子さんの作品にも、

・毎日をスーツで過ごす就活期私服切るのは週一もない

という歌がある。スーツだって私服じゃないかな?と思っていたところ。

 こういう誤用が支配的になってゆくのだろう。私服刑事のイメージはどうなるのかなあ。

 写真は、大久保〈くろがね〉でごちそうになったときのもの。

 鶏の煮込みですね。これで5人前か。他には、おから、ひじき、イワシの塩焼きなど。

 生徒なら、昭和っぽい食べ物というかもしれない。

|

« 絶間なく。82。 | トップページ | 耳掻きは。83。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絶間なく。82。 | トップページ | 耳掻きは。83。 »