« 一鮮。 | トップページ | 茸のごと。64。 »

矢柴さん。

Ca3g0409  勤務校での〈舞台芸術体験事業〉の第2回目のクラスがあった。

 市井の大人の方々からの話を聞き書きし、発表する回。

 地元商店街の店主さんや、神社の宮司さんや、卒業生の方々(定年された方)など。

 こちらの時間帯に合わせておいでいただいた方々にはほんとに頭が下がる。(交渉した教員もえらい。)

 (すべてボランティアというか無報酬である。)

 その中に、矢柴俊博さんがいらした。

 どこかでお見かけしたお顔だなあというか、そうじゃなくても人を惹き付ける雰囲気を出していらした。

 その矢柴さんが、私と同じ芝中学高校の出身(1学年下)だと知る。同じような男子校ですね、と話されたのを他の教員が聞いて教えてくれたのだ。

 (私は、自分が芝卒であることを言いふらしているからそういうこともある。芝の傾向かもしれない。)

 こういうときの共通点は、教員の名前。

 英語のエンドー先生、数学のムラタ先生など、お世話になった先生の名前を介して、同窓を確認しあった。

 ありがとうございます。

 写真は、新大久保裏〈ソムオー〉のタイ風太麺焼きそば(パッスィーユ)セット。たっぷり。

|

« 一鮮。 | トップページ | 茸のごと。64。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一鮮。 | トップページ | 茸のごと。64。 »