« そしてまた歳月が過ぎ。32。 | トップページ | Welcome to JFK。33。 »

荷物。

Ca3g01540001_3  今日が終業式。

 校長のスピーチはむかしむかしの「天声人語」の引用。

 「一人前になるというのは、軽重ふたつの荷物があったら、重いほうを率先して担うことである。」

という内容など。なるほど。なかなかそうなれない。

 これから生徒は20日間の春休み。

 寝るときに、今日はそれなりに充実していたなあと思える毎日を送って欲しいと伝える。

 それは、よく休んだでも、100ページ読んだでも、1時間宿題をやったでもいい、と思う。思う存分ゲームをやったなあ、でも構わない。 

 そのあと、ロッカーの荷物を片付けさせ、下駄箱をカラにさせる。しつこく言っても通じない生徒が最後まで、居る。

 中1で担任した生徒は、過去2回の経験から言うと、ずっとなんとなく子供みたいな親しさがある。今後ともよろしく。

 とにかく、中1の1年間をなんとかクリアできた、と思う。

 写真は、某所にあった焼酎のボトル。NYPD(ニューヨークポリスディパートメント・NY市警)と書いたジャケットと同じようなものではないか。

 お上へのあこがれというものか。

|

« そしてまた歳月が過ぎ。32。 | トップページ | Welcome to JFK。33。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« そしてまた歳月が過ぎ。32。 | トップページ | Welcome to JFK。33。 »