« ワンス モア。 | トップページ | たはむれに。19。棧橋。 »

しどけなき。

Ca3g0042  おととい(土曜日)は「コスモス」の編集会。

 あれこれ決める。

 「本のコーナー」も長い。みなさんにいきなり依頼状と本を送り、1ヶ月以内に書いてくださいとお願いしている。

 申し訳ないのだけれど、2ヶ月先だと少々間が空きすぎる。

 今後ともよろしくお願いします。

 今野寿美さんの『かへり水』を再読していたら、あんこう鍋の歌があった。

・お正月に鮟鱇鍋を所望する子を知るやうで知らないやうで

・しどけなきあんかうの身がひきしまるまでをぽつぽと湯気たたせゐる

・削がれたかうちきられたかあんかうのうすくれなゐにかたちはなくて

など。いい歌だ。

 人間が寄ってたかって食べても、まだ獲れるのが不思議である。

 写真は、無関係。新大久保〈ソムオー〉の「ゲーンオム(東北地方の田舎スープ)」。ナンプラーが効いていておいしかった。

 東北ときくと日本の東北地方を想像してしまうのは、やはり間違っているのだろう。

|

« ワンス モア。 | トップページ | たはむれに。19。棧橋。 »

コメント

食べ方でその人が分かるといいますが、食べ物の歌は、その人の諸々を強く伝えるなぁとつくづく感じるようになりました。ちなみに、帰り道のラーメンの歌が大好きです。
15日の朝は桟橋の記事に驚きました!

投稿: y.s | 2010年2月16日 (火) 02時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワンス モア。 | トップページ | たはむれに。19。棧橋。 »