« 石の苔。23。 | トップページ | 「棧橋」101号。 »

徒手空拳。

Ca3g0108_2  フィギュアスケートのトップ争いを見ているとちょっと辛い。

 同じ5分?ほどの動きを完全に再現するのが目的で、少しのミスも許されない。

 そのために何百回も同じことを練習しているはずだ。退屈しないのだろうかとも思う。

 対戦型のスポーツなら本番での動きは毎回違う。

 フィギュアスケートは、弓道とかボーリングみたいなものか? いやそれらは、同じ動きを再現するのが目的ではないだろう。ボールや弓が手から離れて的に当たるまでは数秒以下だし。

 フィギュアスケートはまさに徒手空拳であるし、数分という長い時間を人間が目視して評価する。

Ca3g0109_2 スキーのジャンプやモーグルはどうか。

 なんて考えている。

 写真は、中野の〈ジョバンニ〉のランチ。下は、真鯖のラグーソースパスタ。まさに、サバ臭くておいしかった。サバの匂い消しにフェンネル?がたっぷりかかっていた。

|

« 石の苔。23。 | トップページ | 「棧橋」101号。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石の苔。23。 | トップページ | 「棧橋」101号。 »