« いっさいが余白。6 | トップページ | 油ぞーめん。 »

和歌のアタマ。

Photo  きのうの土曜日は、臨時休校。センター試験に校舎を貸し出すため。

(金曜日は、準備のため、教員も5時までに退出であった。)

 午後、「コスモス」編集室へ。

 途中、吉祥寺で下車し、井の頭公園を通る。

 池に水鳥がほとんどいない。もう飛びたったのか、餌を与えないように掲示があるから来なくなってしまったのか。

 ハシビロガモとオオバンとキンクロハジロなど5羽くらいしか見えなかった。

 センター試験の国語の問題(古典)を見ると、和歌が6首出ている。どれも問題にからむもの。

 和歌のアタマにアルファベット記号が書いてあるのは、切ない。

 中学では、3学期末に〈かるた会〉がある。そのために、国語や道徳の授業で、百人一首を扱う。

 いちおう私も覚えている。並みの中学生には負けないだろう。

 でも、現代短歌と百人一首を結びつけて考えられるのは、ちょっと違うんだよなあという感じはある。

 写真は、〈美たか庵〉のカキフライ。特別な盛り付けにしてくれた。

|

« いっさいが余白。6 | トップページ | 油ぞーめん。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いっさいが余白。6 | トップページ | 油ぞーめん。 »