« 何か含める。10。 | トップページ | アイスクリーム君が。11。 »

シーナイドッ。

Ca3g0026  将来、盲導犬になる子犬を育てる家庭がある。

 生後2ヶ月から10ヶ月までボランティアであづかるという。

 その話が、中2の教科書に出てくる。

 パピー・ウォーカー(子犬を歩かせる人?)というそうだ。

 かわいい盛りの子犬を10ヶ月のときに手放すのは辛いだろう。

 すぐに来る別れを承知で、子犬をボランティアで引き受ける家族の献身に驚き、それがシステムとして成り立っていることにさらに驚く。

 盲導犬は、英語で Seeing-Eye dog とか、guide dog とか言う。前者がアメリカ風、後者がイギリス風と聞いていた。

 アイルランド人とシカゴ人の講師は、Seeing-Eye dog なんて知らないと言う。なんか機械みたいな感じだと。

 トロント人と、メリーランド(アメリカ東海岸)人は、Seeing-Eye dog が普通だと言う。ただし、シーナイドッという発音。

 言葉はおもしろい。

 写真は、いつぞやの、栄寿司の鱈の白子。あったかかった。白子は好物。

|

« 何か含める。10。 | トップページ | アイスクリーム君が。11。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何か含める。10。 | トップページ | アイスクリーム君が。11。 »