« おおとり。 | トップページ | 杉崎さん。 »

みえる。

Photo  昨日(日曜日)の毎日新聞。

 「私が選んだ今年の歌集」という欄で、6人の方のうち、岡井隆さん、加藤治郎さんが、『アスタリスク』を挙げてくださっている。

 歌書の選出も多い中で、わざわざお選びくださったのは、とてもとてもありがたいことだ。

 それに、新聞にそういう記事が載っているよ、と教えてくださった、「コスモス」の先輩にも感謝しないといけない。。(今日は、そのあと、同僚のひとりに教えてもらった。)

 歌壇のギョーカイ誌は3誌購読しているが、新聞は1紙しかとっていない。読み落としていて、ずいぶん後になってから知ることもある。

 新聞の記事(新聞歌壇を含めて)は、短歌雑誌と比較にならないくらい多数の人に読まれているはずだが、意外に歌人同士は情報を共有できていないのかもしれない。

 昨日、三重県の方お二人が、歌集の批評をされたときのこと。

 「~~してみえる」という尊敬表現を使われているをおもしろいと思った。

 「食べて見える」「読んでみえる」は、それぞれ、食べていらっしゃる、読んでいらっしゃる、の意味らしい。上品な言い方で、うらやましかった。

 お二人のうち、一人は静岡のご出身。ご結婚後に方言を身に着けたようだ。おもしろい。

 写真は、〈一六八〉のブロッコリと豚肉炒め定食。これでもか、というほどにブロッコリーが使われている。いい露地ものが入ったのだろうか。

|

« おおとり。 | トップページ | 杉崎さん。 »

コメント

わたしも、「~してみえる」は標準語だと思っていました。

三重県の敬語としては「~さんす」「~さんした」というのもありす。

例文
「おおまつさんはええ本、書かんしたなあ」

口語訳
(大松さんはよい本をお書きになりましたね)

投稿: おおつじ | 2009年12月15日 (火) 19時35分

昨日はお世話になりありがとうございました。
歌集の批評・紹介と祝賀会の進行で大変だった
ことと思います。

「みえる」というのはこの歳まで何の違和感もな
く使っていて標準語と思いこんでいました。
調べてみると愛知、三重の方言のようで例に挙
げていただいたように、尊敬語のようです。
静岡では使わないようなので、妻にもいつの間
にかうつったのでしょう。

色々と勉強になりました。


投稿: みえ(る)の住人 | 2009年12月14日 (月) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« おおとり。 | トップページ | 杉崎さん。 »