« ウイスタリア。 | トップページ | じっくり。 »

1940-1980。

 中1の授業では、ジョン・レノン「Happy Xmas (War is Over)」を扱った。

Photo ソウ・ディス・イズ・クリスマス。ホワット・ハヴ・ユー・ダン? アナザー・イヤー・オウヴァ。エン・ニュー・ワン・ジャスト・ビガン。

 で始まる名曲。1971年発表。

 いま聴いても、まったく古さを感じさせない。

 レノンは、1940年生まれ(高野さんよりも1つ年上なのだ)、1980年没。

 そのとき、40歳にはなっていた。

Photo_2 覚えやすい生年・没年であることに、さらに悲しみがきざす。

 ちなみに、オノ・ヨーコは、1933年生まれ、7歳年上。

 かつて、高校の英語の教科書で、前衛芸術家としてのオノ・ヨーコとジョン・レノンが出会う場面を読んだことがある。もともとすごい人なのだ。

 小野洋子、と書くと雰囲気がずいぶん違う。

 仕事とはいえ、この曲を一日3クラスで9回も聴けるのは、幸せなことである。

 歌うのは、なかなか難しい曲だが、生徒たちはがんばって声を出していた。来週も何回か歌って、年末の家族カラオケ大会に備えてもらいたいと思う。 

 写真は、渋谷の〈うなぎ松川〉でご馳走になった。うざく、鱈ちり鍋。店員さんが私の顔を覚えていた。たまにしかいかないのに。プロだなあ。

|

« ウイスタリア。 | トップページ | じっくり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ウイスタリア。 | トップページ | じっくり。 »