« 広坂早苗さんの時評(「まひる野」)。 | トップページ | 収録。 »

煎餃。

090804_11590001 日直として出勤。

 いつのころからか、休暇中の日直業務は2人で当たることになっている。

 クラブ活動中のケガ人の搬送とか、思わぬ事態への対応には2人の方が安心である。

 が、実際には、それほどの大事件は起こらない。

 たとえば今日は、学校内で合宿中のアメフト部の生徒が2人ケガをして、近くの医院にかかることになった。が、居合わせた〈保健部〉という係りの教員が付き添ってくれた。

 他には、3月に卒業した生徒が、「卒業証明書」をもらいに来る。こういうときには、日直が全権を代行をしてハンコを捺す。

 M大学のAO入試の出願のために必要だという。また入試がはじまるのだ。

090804_11520001_0001 先日、地下鉄で会った、W稲田大学に行った生徒が、1年生の中に「一念発起」が読めないヤツがいるんですよ、留学生の方が漢字に強いんですよ、と言っていたことなどを話す。

 昼は、同僚と〈一六八〉へ。

 「腸詰チャーハン」と「焼き餃子」。

 腸詰の強い味と、ほっくりしたチャーハンが合う。 

 焼き餃子は、中国語メニューでは、「煎餃」と書いてあった。ふーん。

|

« 広坂早苗さんの時評(「まひる野」)。 | トップページ | 収録。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広坂早苗さんの時評(「まひる野」)。 | トップページ | 収録。 »