« トマト。 | トップページ | こぎつけた。 »

私服。

Photo  梅雨の晴れ間の暑い東京。

 中学1年生の体育は、プール。いつもより移動がすばやかったようだ。

 (私の出身校にはプールがなかったから、うらやましい。大学ではときどき泳いだけど。)

 チェックのシャツと黒いジーパンで出勤。

 生徒に「私服ですか?」と問われる。

 彼らからすると、カジュアルな服装が「私服」で、ワイシャツとスラックスが「制服」のようである。

 午後の半ば、タクシーで新宿住友ビル(三角ビル)へ。朝日カルチャーで2時間、29首の講評をさせていただく。

 そのあと、7時から新宿3丁目の読書会(栗木京子さんの『万葉の月』)と歌会。

 『万葉の月』は、大好きな歌集で、批評会のために名古屋に行ったのだった。1999年のこと。(レジュメが挟んであった。)

 パネルは、香川ヒサさん、加藤治郎さん、富田睦子さん、吉川宏志さん、荻原裕幸さん(司会)であった。

 思い出すような出さないような。

 写真は、住友ビルの中心(1階)から、真上を見上げたもの。

|

« トマト。 | トップページ | こぎつけた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トマト。 | トップページ | こぎつけた。 »