« 『綺羅』。 | トップページ | プデチゲ。 »

写せない。

 7時半に学校着、中学生徒総会(私の担当。ひやひや。)、授業3コマ連続、保護者面談6組(うち2組は両親)、いざこざのあった生徒2名の事情聴取と説教、職員会議、学年会議。6時50分に学校を出る。

Photo 休んだのは、職員会議の間くらいだったろうかなあ。

 あわただしと創造的な授業をやる意欲が減る。

 学年会議で話題に出たのは、「写せない」生徒が多くなってきたということ。

 英語でいうと、教科書の内容を、ただノートに書き写す作業をさせても、正確性が足りない。答え合わせも、きちんとできない生徒がいる。

 そういう生徒の提出物を逐一チェックしているので、疲れる。数学でも国語でも似たような現象があるようだ。

 野球で言うと、打線(教員)が10点とってがんばっているのに、10点取られてしまう投手陣(生徒)という感じだ。こちらの期待が高すぎるのか。

 すばらしい生徒たちの顔々を思い出して耐える。

 今日も渡辺俊介を援護できずに完封負け。疲労感が増す。

 写真は、先日、保護者の方からいただいた台北土産のウーロン茶。これが、美味い。お茶というのはこういうものか唸る。救われる。

|

« 『綺羅』。 | トップページ | プデチゲ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『綺羅』。 | トップページ | プデチゲ。 »