« 行商。 | トップページ | 『アスタリスク』。 »

マークシート。

Photo  中1の5月も、なかなか慌しい。

 今朝は、マークシートで通学路調査を行った。中には人生で初めてマークシートを見たという生徒もいて多少の混乱。

 こういうのは塾でさんざんにやっているのかと思っていたが、それは高校の話であるのか。小学生はそんなにマークシートは使わないのかもしれない。

 そのうえ、こちらの指示をまったく聞かない奴もいる。マークシートの数字にマルをつけて提出する奴までいて、なかなか愉快。自分で世界を切り開くタイプであるのだ。

 (それでよく入試を突破したと思うのであるが。)

 まあ、がっちりと指示しなかった私が悪いのである。(と、思うことにする。)

 生徒同士のいざこざもないわけでもない。

 ある尊敬する先輩によると、今は「陣痛」の時期であるという。ひとつひとつの事象を見てみぬ振りをしないで、ひとつひとつ注意しなくてはならないという。まさにその通り。とくに忍耐のいる(でも、明るく積極的な)時期であるのだ。

 写真は、中野通り〈季の苑〉(ときのは)の「アールグレイ」。オトナの味であった。

|

« 行商。 | トップページ | 『アスタリスク』。 »

コメント

まさに、歌の題材の宝庫です。
じゃあ、小学生はもっと宝庫かというと、どうでしょうか。
1年生、というのが大切なのかもしれません。

投稿: おおまつ。 | 2009年5月12日 (火) 00時03分

中1の話題には、いちいち納得します。
大松さんの歌にありますね。
「食住を満たしてやれどクサガメは外の世界をしきり見たがる」
クサガメではないけれど、よい世界を見せてあげたいですね。

投稿: Rika | 2009年5月11日 (月) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 行商。 | トップページ | 『アスタリスク』。 »