« 『水ぢから』。 | トップページ | 食堂。 »

趣味とホビー。

Photo  先日、I don't like books. をよくないと注意したと書いた。

 生徒のなかには、My hobby is sleeping. と言うのも出てくる。趣味は寝ること、か。

 これは、「ホビー」と「趣味」の違いが原因でもある。

Photo_2  例えば「クラブ活動」を「趣味」と呼ぶには抵抗がある。

 生活の中心として一生懸命にやっていることを、「趣味」とは言わないだろう。

 英語の「ホビー」は積極的でいい意味である。ジーニアス英和辞典によると、

〈スポーツ・ガーデニング・切手収集・写真・Photo_3絵画など、創造的で、ある程度の技術や知識を要する非職業的活動をいう。魚釣り・散歩など気晴らしとして行動は pastime。〉

とある。野球観戦はアメリカ人の「ナショナル・パスタイム(国民的娯楽)」と言われている。

 私(たち)の短歌も、決して「趣味」ではない。が、堂々とした「ホビー」である。

 逆に、「趣味は野球観戦・旅行」というのを英語に直訳すると、妙なことになる。ややこしい。

 生徒たちには、そう説明して、My hobby is playing basketball. などと言わせる。あるいは、そもそも、中高生に「ホビー」という語は似合わないのかもしれない。

 写真は、新大久保の〈栄寿司〉にて。もっとメニューが増えないかなあ。

|

« 『水ぢから』。 | トップページ | 食堂。 »

コメント

小島なおさんもおおまつさんも、若くしてよい先生に出会ったんですね。益々のご活躍を!

投稿: 愛読者 | 2009年6月 4日 (木) 05時17分

ご指摘のとおりでしょうね。
授業では、「趣味」があるものだという前提で話を進めてしまうわけですけれど、それほどカッコたるものがあるわけでもないのが、中学生・高校生です。
それをむりやりに、「趣味」は何かと問うところにそもそも無理があるのだと思っているわけです。

投稿: おおまつ。 | 2009年5月29日 (金) 22時45分

さほど英語の知識があるわけでもない私の個人的な意見なのですが、恐らくその生徒さんは“Hobby”という言葉と“Like”という言葉が混同しているのではないでしょうか?
つまり趣味=好きなこととなり、結果として「寝ることが趣味」となったのではということです。
同一単語でもアメリカと日本の間で多少、意味の齟齬があるからこういうことがあるのかもしれませんね。

投稿: 雲 | 2009年5月29日 (金) 22時35分

趣味という語にネガティブな感じ持ってません。ホビーをこえて職業と言える歌人がいて、そこから遠く、短歌はone of my interestsです、という立場もあっていいのでしょうね。

投稿: 愛読者 | 2009年5月29日 (金) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『水ぢから』。 | トップページ | 食堂。 »