« 一であることの抒情。 | トップページ | クラプトン。 »

ザンベジ川。

Photo きのう雪が降った街とは思えないほどの好天。

 早稲田大政経学部の発表がある。

 (佐佐木幸綱さんは3月でこの学部をご退官である。今回も採点はされたのだろうか。)

 これで、私立の大きなところは出揃った。

Photo_2 早稲田や慶応の学部を合格した生徒の中でも、喜んで進学する生徒もいれば、納得せずに果敢に来年の再挑戦に備える生徒もいる。

 国立大学を受けない生徒は、このあたりで浪人の判断が出る。人生80年というけれど。

 浪人を(しかたなく)経験した身からすると、その1年はかなり有効で、基礎学力がついた気がしている。

 今はなき、トフルアカデミーという英語の授業に特徴のある予備校に通って、まいにち大量の英語と多少の講談社現代新書を読んでいたような記憶がある。(それもあって、その後、現代新書の編集長の鷲尾賢也氏とお会いしたときには感動したのだった。)

 写真は、栄寿司の〈中〉寿司。松竹梅でいうと竹だろうか梅だろうか。

 サバは一年中あるけれど、秋から今頃が美味い。

 マスターはなぜがザンベジ川の話をしきりにしていた。ナミビアにも行きたいそうだ。なんでだかは聞きそびれた。

|

« 一であることの抒情。 | トップページ | クラプトン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一であることの抒情。 | トップページ | クラプトン。 »