« 定本波濤遠望集。 | トップページ | 玉の輿。 »

象引。

Photo 半蔵門の国立劇場に歌舞伎を見に行く。

 11時ごろに到着すると、獅子舞をやっている。バリ島のバロンダンスみたいだ。

 開演は11時半。終演が4時。

 なぜ、歌舞伎は(とくに国立劇場は)早い時間にやるのだろう。

 主な客層である、妙齢のご婦人たちが明るいうちに家に帰って夫君に夕食を作れるようにしているのか。

Photo_4 最近は、国立劇場のチケットもインターネットで買えるようになって便利である。

 ①「象引」。市川團十郎が半年ぶりの復帰。問題なく元気。はりぼての象が登場して、実際に中に人が入って見えを切ったりする。 単純に楽しめる愉快な劇。

 ②「十返りの松」。中村芝翫を中心とした舞踊。箏もよかった。ああ、日本人だなあと思う。

 ③「誧競艶仲町」。いきじ・くらべ・はでな・なかちょう、と読む。少々入り組んだ話だが、テンポよい芝居。

 この3つに、三津五郎、福助、橋之助が出づっぱりである。これを1月3日から27日まで、1日の休みだけで24回もやるのだから、すごい。福助の良さはしろうとでもわかる。

 同じ授業を1ヶ月に24回もやったら、それなりに練り上がってくるものはあるだろう。あるいは、退屈でおかしくなってしまうかもしれない。

|

« 定本波濤遠望集。 | トップページ | 玉の輿。 »

コメント

syokoさま。
それは偶然ですね。
みなさん、いろんなところで芝居しているわけですなあ。

投稿: おおまつ。 | 2009年1月 8日 (木) 20時16分

偶然ですね。私も同じ日に歌舞伎座に行ってました。夜の部で、四時半~。春興鏡獅子など、勘三郎が凄かったです。もちろん壽曽我対面の吉右衛門、幸四郎も見応えありましたが。お正月の舞台は華やかで良かったです。

投稿: syoko | 2009年1月 7日 (水) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/43659291

この記事へのトラックバック一覧です: 象引。:

« 定本波濤遠望集。 | トップページ | 玉の輿。 »