« ねぼけ。 | トップページ | タタン。 »

大家新年好。

Photo_3 6年間の最後の授業があった。

 12月に、普通授業の最後はあったのだが、今日は、特別編成の授業を含めた最後。

 今の生徒たちを前に、教室で英語を講じることは、もう、ない。

 考えてみれば(みなくても)、学校というのはすごい(強引な)システムである。

 登録をしたお客さんたちが、指定された時間と場所に、定期的に(いやでもなんでも)おおよそ来ているのだ。欠席の場合には特別の事由がある。

 そんなこと、他の仕事ではありえないだろう。レストランは料理がまずくなれば客が減り、プロ野球はチームが弱くなれば客足が衰える。

 学校は、お客さんに生活の場を与えているわけだし、あれこれあっても、とりあえずは、お客さんは来つづけるのだ。

 (その代わり、売れれば製品やサービスを増やして収益が急増するということもない。お客さんの数は毎年一定である。)

 写真は、「コスモス」台湾支部の方からの年賀カード。1月初めにいただいて飾ってある。

 昨日が中国では春節だった。年によって、一番大事な行事の日付が違う。そういうアナログ感覚はとてもいい。

 右上から縦に、「年年如意 歳歳平安」「大家新年好」(大家はタージャー。みなさん、の意味。)「一元復始 萬物更新」とある。

|

« ねぼけ。 | トップページ | タタン。 »

コメント

6年間のパックツアーと申しましょうか。
ツアーは始まってみなければわかりませんからね。
たしかに、買いたい人の3分の1しか買えない自動車、なんてものがあったらたいへんですけどね。納期を待ってもらうこともできないわけですし。

投稿: おおまつ。 | 2009年1月27日 (火) 23時35分

でも、6年間または3年間の通しサービスと思えば。クーリングオフができないけれど。今度の日曜はいよいよ6年間のサービスを受けたいというお客さんたちがどっと押し寄せてきますよ。

投稿: morijiri | 2009年1月27日 (火) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ねぼけ。 | トップページ | タタン。 »