« 夜の桃。 | トップページ | 神田川再発見。 »

秋刀魚の味/老辺餃子。

Photo

 午後。高田馬場の早稲田松竹へ。小津安二郎「秋刀魚の味」を見る。

 映画の技法うんぬんの普遍性のある技巧もわかる。

 ALWAYSなんかの昭和復刻版の映画を見るよりも、よほど昭和を味わえる。

 家に人がいれば戸締りをしない民家、平気で女性の同僚の年齢を訊くサラリーマン、アポなしで親や息子や親戚の家に立ち寄る人々、やたらとトリスのウイスキーをストレートで飲む男性、ほかにも、コレハ昭和ダナアと思える場面が多かった。

Photo_2 中井貴一にそっくりな俳優は、佐田啓二(父)であった。岩下志麻、岡田茉莉子、岸田今日子も出ていた。

 昭和37(1962)年の作品。

 夕方。新宿南口の「老辺餃子館」で38回目の誕生日を自祝する。37と38はずいぶん違う感じがする。数字の8の魔力であ ろうか。

Photo_2 その昔、辺福という名前の老人が作り出したという。1986年から新宿にあって、T野K彦さんとも何度か来たことがある。外れのないお店だ。http://www.rouben.co.jp/top01.html

 日本語のたどたどしい中国人でウエイトレスが「歓迎光臨」のたすきをかけて接客している。どこに来ちゃったかなと思わせる異国感もある。

 基本的には蒸し餃子(セイロのまま出される)が特徴の店。具の種類によって包み方の形が違う。醤油をつけてはいけない。

 海老入り、干し貝柱入り、トマト入り、セロリ入りなど。写真はサザエ入りだったか。揚州料理のさっぱりした味付けがいい。

|

« 夜の桃。 | トップページ | 神田川再発見。 »

コメント

ありがとうございます。どこをどう頑張ればいいのか、まづ考えないといけません。

投稿: おおまつ。 | 2008年12月31日 (水) 16時57分

お誕生日おめでとうございます。厄年前の、もうひと踏ん張りできる良いお年頃ですね。河野裕子さんの第4歌集『はやりを』に詠われている永田さんの年齢ですから。

投稿: morijiri | 2008年12月31日 (水) 10時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/43574179

この記事へのトラックバック一覧です: 秋刀魚の味/老辺餃子。:

« 夜の桃。 | トップページ | 神田川再発見。 »