« のびしろ。 | トップページ | ねぎ焼き。 »

神々しい。

Photo  午前中授業で、午後は保護者面談などの日。

 6人のお母さんと話す。

 高3のこの時期だから、考査の成績とか塾とかクラブ活動とか、そういう細かな問題はない。ただ、数ヶ月後の目標に向かって励まし、現状の厳しさをわかってもらうのみである。

 お母さん方にも、もちろんいろいろある。プライドだけは高い人、何もやっていないと言いながら献身的な人、入試に詳しいけれど必死に言わないようにしている人、など。

 桐野夏生『ダーク』(文庫で上下)を読み終わる。

 とんでもない物語設定なのだが、絶望的な感じはしない。人間のぎりぎりの感情とか心の闇とか希望とかを描くのは、小説でなければできないことだろう。圧倒的な筆力という惹句があるが、まさにその通りである。

 韓国人が登場するのだが、日本語がごく自然にできる設定になっている。日本人の主人公もほんの数ヶ月でかなり複雑な韓国語ができることになっている。うらやましいかぎりである。

 写真は、通勤途中、戸山(とやま)公園のイチョウ。神々しかった。

|

« のびしろ。 | トップページ | ねぎ焼き。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/43172859

この記事へのトラックバック一覧です: 神々しい。:

« のびしろ。 | トップページ | ねぎ焼き。 »