« 黒板。 | トップページ | 庶民感覚。 »

マシュマロ。

 入試問題にあった、アメリカのある実験の話。

 大人が4歳の子供をひとりづつ部屋に呼んでマシュマロを1つ見せる。今食べてもいいけれど、私が用事を済ませるまで待っていられたら、2個あげるよ、と伝える。

 大人が部屋を出るとすぐに食べてしまう子もいれば、気を紛らわしながらがまんして待って2個とももらえる子もいる。

 その4歳児たちが高校生になってから、教師や親に追跡調査をする。

Photo 2個のマシュマロまで待てたグループの高校生たちは、「より環境に順応しやすく、人気者で、自分に自信があって、人からも信頼される」ようになっている。

 それにSAT(センター試験みたいなもの、ただし何回も受けられる)の平均得点もより高い。

 一方、4歳のときに2個目まで我慢しきれなかったグループの高校生たちは、「孤独を感じやすく、挑戦すべきことから逃げやすく、頑固である」という。

 恐ろしいものです。

 そういう実験を企てるというのも恐ろしいですけれど。

 新井薬師前駅前の「駅前食堂」〈牛すじチャーハン〉

 軽めのチャーハンの上に、甘く煮込んだ牛すじが乗せてある。絶品。

 ここはいつもデカ盛なので、洗っておいた昼の弁当箱に半分ほど詰めて持ち帰る。明日の朝食になる。

|

« 黒板。 | トップページ | 庶民感覚。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/42878273

この記事へのトラックバック一覧です: マシュマロ。:

« 黒板。 | トップページ | 庶民感覚。 »