« 落とし穴。 | トップページ | タンタン。 »

伊藤さん。迢空賞。

Zoutei  はっきりしない天気。まさに梅雨。

 明日の全校保護者会・個人面談日の準備などのために、午前中授業。

 私は、毎週恒例の課外講習を優先させて行う。

 ふだんは80分が目安だが、今日は120分を超えた。しかし、ほとんど集中力が切れないでいたようだっKokonat た。さすが高3である。

 内容は、3年前の東大のリスニングと一橋大の課題英作文。それだけでもきちんとやらせて解説すると時間がかかる。

 こちらの英語力もあがる感じがする。

 その後、東京會舘での、迢空賞・蛇笏賞の贈呈式へ。

 お2人の方から、勤務がなぜこんなに早く終わるのか?とたずねられる。上記の事情を説明して納得してもらう。

 迢空賞は、伊藤一彦さん。いつもお世話になっている大先輩。うれしい。

 スピーチでは、迢空が牧水について触れた文章を熱く語られ、みづから涙ぐまれる一場面もあった。

 角川歴彦氏は、迢空賞・蛇笏賞が設立されたときの角川源義のことなどを話された。おもしろいものだ。

 高野公彦氏もおもしろおかしい乾杯のスピーチをされた。

 多くの人にご挨拶して退散。九州からのお客さんも多かったようだ。

|

« 落とし穴。 | トップページ | タンタン。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/41592933

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤さん。迢空賞。:

« 落とし穴。 | トップページ | タンタン。 »