« 至難の道。 | トップページ | 試食せよ。 »

ウルドゥー語。

Photo  模擬試験の翌日。

 クラスの中の数人が受験しただけならばともかく、全員が受けたとなると、その疲労は雰囲気として伝わる。

 なんで代休にしてくれないのかと文句が出るのもうなづける。

 昨日のアルバイトの学生の中に、東京外大でウルドゥー語を専攻しているという女性がいた。

 パキスタンの言語で、アラビア文字を使うのだけれど、話すとヒンドゥー語とほぼ同じだという。インド人とは話が通じるというのだ。

 パキスタンはイスラム圏だから、文字だけでなく語彙面もアラビア語からのものが多いとも言っていた。知らなかった。

 外大にはウルドゥー語専攻が学年に17人もいるという。外大は私のチョイスに入っていたが、英語学科は外国人教員の比率が(当時は)少なかったので、第一志望にはしなかったんだっけ。

 昼は、サンクスの「さば炙り寿司」。サバ好きにはたまらないおいしさ。ただ、サバとご飯の間にマヨネーズが仕込んであるというのは、かすかな偽装ではないかとも思える。うまけりゃいいか。

|

« 至難の道。 | トップページ | 試食せよ。 »

コメント

「焼き鯖」を寿司にしちゃうって、なかなか思いつかないですよね。
僕の初見はローソンだったんですが、バッテラとはまた違った(←というか全然違った)味わいがあって、けっこう買って帰ります。
いやー、1パックで、酒が進む、進む。

投稿: 森 | 2008年6月 3日 (火) 17時51分

そんなに鯖がお好きなら、高知の焼き鯖ずし、食べました?わたしは特に鯖好きではないけれど、高知大学に出張した時に、時間がなくて空港で食べました。空港のレストランでもおいしかったから、もっと街中のおいしいお店で食べたらものすごくおいしいものなのではないかしら、と思いました。

投稿: morijiri | 2008年6月 3日 (火) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/41407643

この記事へのトラックバック一覧です: ウルドゥー語。:

« 至難の道。 | トップページ | 試食せよ。 »