« 洌。 | トップページ | パパブブレ。 »

月評。

 角川「短歌」の「短歌月評」の3、4、5月分を担当している。

 ひたすら歌を挙げて批評をしてゆけばいいのだが、書いても書いても終わらない感じ。26字×216行。14枚相当になのだ。

 それに、(ここだけの話だが)お名前を存じ上げない方々がけっこういらっしゃる。

 そして、(ここだけの話だが)なんでこんな作品が載っているのかな?と思わせるような作品も散見される。そういう方々が地方で指導的役割を担っていることもあるのだろう。ううむ。

 歌壇の奥行きは深い。 

2008_325_001 なぜか足が向く新井薬師前の〈駅前食堂〉

 体格のいい優しそうなオヤジが豪快に作る骨太のメシ屋であるが、けっこう女性も入っている。

 「カレーチャーハン」。お米に粘り気のあるところが良い。ドライカレーとは違う、文句なしのどっしりしたチャーハン。

 持参の容器に入れて一部を持ち帰る。冷めてもおいしい。

 味が濃いのか。明らかに、中華料理屋のチャーハンとは違う。バリ島などで食べる感じの味付けなのだ。だから足が向くのかもしれない。

|

« 洌。 | トップページ | パパブブレ。 »

コメント

評、拝見しておりますよ。自分の好き嫌いを言えずに、すみずみまで読まねば書けない所が大変そうですね。がんばってください。

投稿: morijiri | 2008年4月 4日 (金) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/40638050

この記事へのトラックバック一覧です: 月評。:

« 洌。 | トップページ | パパブブレ。 »