« 柚子茶。 | トップページ | ただの時間。 »

コチュジャン。

 採点日。ジーンズで出勤。

 今回の〈英語Ⅱ〉考査に出題した和訳問題に、

日本人にとって、「自国民」と「その他の人類」との間に引かれる線は、他の国の人々にとっての線よりも鋭いようだ。
こうした態度は、おそらく、①日本の特異な(distinctive)言語、②地理的にも、江戸期までの(early)歴史を通しても比較的孤立状態にあったこと、③近代においての、西洋の文化的背景をもたないし白人の国でもないのに主要工業国であるという独特な立場、(の3つ)の自然な産物であるのだ。

 という部分があった。そう言われてみると、そうなのかもしれない。
 それを一部の生徒は、「日本独自の言語」とか「浅い歴史」とか誤訳してしまうのだ。考えればわかることなのに、試験中は時間がないのだ。

2008_38_001  昼は、新大久保駅付近の〈おんどる〉へ。先日、柚子茶を買ったお店。

 土曜日の昼なのにほぼ満席。40代(に見える)の女性がほとんど。情報番組で紹介されたのかもしれない。

 (同僚によると、同時刻ごろに新大久保駅が大混雑だったという。韓流スターのイベントがあったのかもしれない。)

 「石焼きチーズイカ丼」を食べる。丼というと、どこか懐かしい響きがする。和食の特許ではないのだろう。

2008_38_003_2 おかず6品をきれいに並べてくれた。皿数が多いとサービスされた気になるものだ。

 チーズの下にはイカのコチュジャン(苦椒醤・甘辛味噌)炒め。けっこう辛い。チーズの味なんかわからないほど。

 それでも、冷めてくると味の良さはわかる。石焼きの器も良し悪しである。

|

« 柚子茶。 | トップページ | ただの時間。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/40423451

この記事へのトラックバック一覧です: コチュジャン。:

« 柚子茶。 | トップページ | ただの時間。 »