« 太多了。 | トップページ | カンファー。 »

佐久の花。

 今日が高校2年生最後の授業。

 それなりにうまくやったとは思うけれど、やり残したことは多い。

 毎年思うのは、ついつい実利的で直接で汎用的な知識や技術を教える方向に行ってしまうことだ。

 本当はそんなことよりも、外国語を学ぶのは楽しいのだ、と知らしめる方向に行きたいと思う。

2008_215_015_3 例えば、アメフトの試合のビデオを見ながらそのルールを解説したり、キャメロン・ディアズのインタビューやヒラリー・クリントンの演説を聴いて読解したり、英語圏以外の話者の英語を聴き取る練習をしたり、(大学入試には出ないであろう)新聞記事で時事英語を読んだり、ということはした。

 だが、一本の映画を数時間かけて見てセリフをチェックするとか、徒然草(例えば)の英訳を読んだり、ということもしてみたいとは思う。

 高校3年生は能力的に何でも消化できる学年である。その辺を考えて、バランスよく、かつ大学入試への遠回りはしない方向でやってゆきたい。

 先日。近所の「酒道庵之吟」で買ったお酒、〈佐久の花〉がおいしい。醸造時の炭酸を(故意に)かすかに残している。香りが高く辛いなかに甘みがある。それでも価格はスーパーで買う、一の蔵や八海山(等級は不問とすれば)と同じくらい。

 私の場合、おいしいお酒を飲むと酒量が減る。おそらく一口ごとの満足が大きいからであるだろう。

|

« 太多了。 | トップページ | カンファー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/40348001

この記事へのトラックバック一覧です: 佐久の花。:

« 太多了。 | トップページ | カンファー。 »