« 25年。 | トップページ | 盛岡タイムス。 »

秩父事件。

 中学入試の2回目。勤務校では、2回の入試で7クラス分、280人ちょうどの生徒を確保する。そんなにたくさんの生徒が入学してくれるというのは嬉しいことである。

 未明から雪になってしまう。いろいろと心配したけれど係の先生や用務員さんたちのがんばりで、問題なく業務完了。

 社会の答案をちらっと見ると、秩父事件とか真珠湾とか書いてある。小学生で秩父事件を知っているって、すごいことじゃないかなあ。

Photo_2Photo 論述問題もある。受験生もタイヘンだが、採点するほうもタイヘンである。おつかれさま。

   業務のあと、やはり〈栄寿司〉に行く。3人ではじまり、6人になって終わる。

 節分なので、大きな枡に入った豆が回される。豆まきをする年もあるが、今日は省略。

Photo_3Photo_4   明太子と胡瓜だけを海苔で巻いたもの、生タコ、生カキなどを食べる。

 しきりに麻雀の話をする人がいた。私は2度だけルールを聞きながらやったことはあるが、それだけ。

 ケイタイの写真である。

|

« 25年。 | トップページ | 盛岡タイムス。 »

コメント

 社会科の先生方はみなさん意欲的です。
 中学と高1では週4時間しかない「社会」のうち、2時間を論文作成指導やディベートの時間に充てています。
 教科書がない授業を組み立てるのはたいへんな努力だと思って、傍からみています。 
 でも、これがのちのち効いてくるようですよ。

投稿: おおまつ | 2008年2月 4日 (月) 17時40分

貴校の中学入試の社会科の問題は個性的で有名ですよね。新聞に出ている公立高校の問題より絶対に難しいと思います。先生、お疲れ様でした。『スクールナイト』に「昨日また新白河まで・・・」という歌がありましたが、うちの子が「新幹線通学って本当に居るんだ~」と驚いていました。

投稿: もりじり | 2008年2月 4日 (月) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/17952361

この記事へのトラックバック一覧です: 秩父事件。:

« 25年。 | トップページ | 盛岡タイムス。 »