« テレビを叩く。 | トップページ | アメリケーヌ。 »

日本文。

 勤務校の高校入試。

 NHKテレビが校門のあたりで取材している。(正午のニュースで放映されたらしい。こういう対象はどのように決まるのだろうか。)

 8時30分から「国語」。開始時間は比較的に早いようだ。

 9時40分から「英語」。トランシーバーをもって教室前の廊下に待機。学校はどこも半ば屋外なので寒い。

 11時から採点に入る。和文英訳の担当。

 私は意識的に「和文英訳」とか「英訳」と呼んでいるのだが、伝統的に「英作文」という呼び名を使う人も多い。決まった日本語を英語に移し変えるだけなのだから、「作文」とは呼べないのだが。

 いわゆる「自由英作文」と呼ばれるもの(しかし自由でなく、課題に英語で答えを書くのだが)が、「英作文」であるわけだ。

 ついでに言うと、このギョーカイでは、「日本文」という珍妙な言葉も流布していて、私には抵抗がある。「和文」という美しい言葉があるのだ。

 ときどき、日本文という言葉があるならイギリス文とか中国文もあるんですか、と同僚に言って白い目で見られている。

|

« テレビを叩く。 | トップページ | アメリケーヌ。 »

コメント

 世の中に、古文で食ってる人は相当数いるでしょうからね。検定だって可能なんじゃないでしょうか。
 それでは、短歌検定は?っていう話につながりますね。

投稿: おおまつ | 2008年2月15日 (金) 11時29分

古語の使い方は、僕も、そのときどきです。

あぁ〜、「古文検定」とか作ってくれませんかね〜?3級とか、準2級くらいなら、さくっと取る自信があるのに。(←意識低いな。)

投稿: 森 | 2008年2月14日 (木) 23時14分

ありがとうございます。S中みたいにゆるいところでも運動部をやっていると学校の課題だけで精一杯で(こどもの能力では)みなさんすごいな、と迷っていたところでした。教育相談にしてしまってすみませんでした。

投稿: もりじり | 2008年2月14日 (木) 08時40分

 小島さんのエッセイ、読んだような気がします。ありがとうございます。

 学校だけでは足りない、というのはすなわち予備校に行きなさい、ということではないのです。
 教員の勧める問題集や参考書をきちん自習しなさいということです。
 でも、みなさんなかなかそういう力(忍耐力でしょうか?)がないので、学校をいい加減に、予備校をいい加減に、足してそこそこ、という実力のつけ方をするわけですね。
 それも人生経験でしょうか。
 自分のことを棚にあげて言ってます。

投稿: おおまつ | 2008年2月13日 (水) 23時46分

http://www3.osk.3web.ne.jp/~seijisya/index.html

そうそう、古いですが、青磁社通信のバックナンバーNo.3の小島ゆかりさんのエッセイ、お読みになりました?すごく面白いです。「いとをかし」というタイトルです。

***

学校だけでは足りない・・・ぎくっとしますね。うちも考えなきゃ。

投稿: もりじり | 2008年2月13日 (水) 23時20分

K中学では、トレジャー(Z会)を使い始めましたが、使用学年の評判は必ずしも高くはありません。

やはり、検定教科書というのは膨大な時間をかけて練りに練ってあるということがわかります。

どこの段階でも、学校の勉強だけやっていて入試を突破しようというのは無理でしょうね。それは昔からそうだったんじゃないでしょうか。

投稿: おおまつ | 2008年2月13日 (水) 16時26分

そうでしたか。
私の予備校時代の古文の先生が時々、現代語→古語の訳の例を出していました。でも、授業中だけで、さすがに試験という公の場には出せなかったようです。
 歌を作る時にはなんとなく無意識に似たようなことをやっているのかもしれません。自然に出てくる古語でないと不自然になってしまうのですが。

投稿: おおまつ | 2008年2月13日 (水) 16時21分

英語は(も?)落ちこぼれていたので(仕事ではもっぱら英作文ならぬ英借文です)定かではないですが、高校では和文英訳とか英文和訳とか言っていた気がしますがねえ・・・世代ですかね。
**
S中はJust Englishナントカを使っているようですが、4月に配られたNew Crownとまるで違うので公立出身の保護者としては素直にびっくりです。そういうもんなんですねえ。公立中から私立の進学校へ入るには学校の勉強だけでは無理かもしれませんね。

投稿: もりじり | 2008年2月13日 (水) 11時31分

高校の頃、古文の先生が、「前の学校で、いわゆる『古作文』の問題を出したけど、失敗だった。」と言っていました。
ごく普通の現代文を古文に訳すという問題だったらしいんですが、やはり、出してくれませんでしたね。
僕は、古文は結構できたから、「望むところだ。」と思っていたんですが。

古典文学作品から一文を引いてでもよかったし(つまり古文→現代文を古文に戻す)、「部分的古作文」でもいいから、出して欲しかったな。

二人の古文の先生に学びましたが、二人とも偉大でした(個人的に)。

投稿: 森 | 2008年2月12日 (火) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/40085090

この記事へのトラックバック一覧です: 日本文。:

« テレビを叩く。 | トップページ | アメリケーヌ。 »