« 訃報。 | トップページ | 雪。 »

できるできる。

 昨日の読書会は、『安立スハル全歌集』の4回目。これで、個人的には、3回通読が完了したことになる。毎回、ゆっくりと読み、読みつつ自分の作品を作った。

 遺歌集であり自選でないので、重複する内容の歌もちらほらある。やや理屈に傾くうたもある。しかし、落とした歌がないからだろうか、思い切った歌、ヘンなパワーのある歌も混じっているのが良い。

・年とつてをらぬ証拠にできるできる両手ひろげて片足で立つ (69歳のときの作品)

・眠る母が確かに息をしてゐること見届ける慣ひいつか身に添ふ

・あたらしい私を見むと出て歩くこの世は自分を見に来たところ

2008_1_21_to_008_22008_1_21_to_001_3  一首目のような、年齢と老い意識の高い歌が増えてくる。ずいぶん悲しいうたである。また。三首目のような宗教的哲学的なスケールの大きさもある。突き抜けた歌柄の人だったのだろう。

2008_1_21_to_005_3   会の後、新宿東口駅ビル内の沖縄家庭料理の店〈ナビィとかまど〉で食事。

 好物の、ドゥル天(田芋の沖縄風フライ)、お麩の炒め物、ヘチマ入りの炒め物などで盛り上がる。アロエの刺身も食べたなあ。

 泡盛は〈菊の露〉。満足しました。

|

« 訃報。 | トップページ | 雪。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198677/17785975

この記事へのトラックバック一覧です: できるできる。:

« 訃報。 | トップページ | 雪。 »